西条市民病院ホーム >  スムーズな連携 >  回復期リハビリテーション病棟:3病棟

各部署のご案内

 

回復期リハビリテーション病棟:3病棟

3病棟は、回復期リハビリテーション病棟です。60名程の多職種が協働し、患者さんの日常復帰を目指し、集中的にリハビリテーションを行う病棟です。移動・排泄・入浴・食事などの基本動作はできる限り、患者さん自身ができるようサポートしています。寝たきりを防止するため、生活の中にリハビリを取り入れ、時には屋外に出て季節に触れながら訓練をするなど、様々な取り組みを行っています。

また、口腔ケア・口腔リハビリを重視し、肺炎予防・口腔環境改善・ADL向上に取り組んでいます。そして、退院支援に向け、患者さんやそのご家族のニーズを把握し、相談しながら、自己決定できる退院支援を行っています。部署や職種を越え、最善の方法をチームで考え、患者さん一人一人のその人らしい生活の実現に向けて、チーム力を発揮していきたいと思います。

 
 

患者さんが安心して毎日を送れるための取り組み

入院患者さんは、病気や状態がそれぞれに違います。患者さんが毎日安心安全に生活できるよう、患者さんの状態・機能に合わせて理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が介入しています。

当病棟では、積極的なリハビリを提供するために365日リハビリ体制を取っています。そのため、担当以外のスタッフがリハビリを実施することもありますが、普段と変わりないリハビリプログラムを実施できるよう患者さん一人一人に合わせた基礎プログラムを作成しています。

1日のリハビリは、原則としてAM.PM各1回以上実施しており、筋力トレーニングや生活動作練習のみならず、レクリエーション要素も取り入れた運動や屋外活動も実施しています。

また、入退院時には自宅訪問を行い、自宅に帰られてからも安心して日常生活が送れるよう環境調整や動作練習を行っています。早期に自宅訪問を行うことで、退院後の生活を見据えたリハビリプログラムが立案でき、今後の生活の場に近づけた生活動作練習ができるように心がけています。

心身の機能・能力の向上の一つには、「運動・活動」が大切な要素を担っていると考えられます。そのため、我々リハビリ職員は各患者さんに合わせて、活動的な入院生活となるようなサポートができるように関わっていくことを目標としています。
回復期リハビリ
テーション病棟
業務責任者
百田 雅治
伊東 文美子